経 営 理 念

 

20世紀から急速に発達した産業革命以来、
人類はテクノロジーの進歩により、
多くの恩恵を享受してきました。

しかし、その反面多くの化学製品が発明され、
それら合成物質による地球環境の破壊や
生態系が狂わされてきているのも事実です。

 世界的な熱帯雨林の減少によるオゾン層の破壊等で地球は悲鳴をあげています。  又、化学製品等による商品への添加物により、気が付かないうちに体内に環境ホルモンが蓄積されて、肉体的、精神的な障害の発生が多発してきています。    私自身、長年住宅の仕事をしていましたので、シックハウス症候群の影響が人体に与える影響がかなり大きいことを良く理解しています。 しかし相手は目に見えない物質なので知らないうちに体内に吸収されています。 ただ、色々な体や精神的な異変は原因となる要因が多岐にわたっている為にアレルゲンを特定するのは非常に困難です。

又、住居以外でも、食べ物や衣服、洗剤等、日常生活で気にもしない物から環境ホルモンが撒き散らされています。

 これまでの大量生産、大量消費の社会構造を根本的に変えなければ決して解決しないと思いますがコストや企業の利害などの問題で簡単には解決できそうにもありません。

 

 

では、どうすれば少しでも、
地球や人体に与える悪影響を
少なくすることが出来るのでしょうか。

これらの問題を生活の身近なところからアプローチする為に、
この事業をスタートさせました。

 スタート現在は家庭から出る、化学合成洗剤による河川汚染を少しでも少なくして、河川や海を元のきれいな水に戻す為のメインの商品を紹介します。

 出来ればすべての食品や洗剤、衣料を天然素材の物を使用すれば地球環境や健康に良いのですが、経済性や利便性等を考えると理想主義にならざるをえません。  しかし、個人個人の少しの意識改革や身の回りの行動で前進していかなければ、21世紀は暗黒の世紀になってしまいます。    特に河川汚染の問題は深刻で、そのほとんどが一般家庭からの生活雑排水が原因なのです。  住宅の仕事を長年していた関係で、よく農家に行くことがあったのですが、山里の小川の水質汚染がひどいところが多く見うけられました。 そのほとんどは、生活雑排水やモラルのない都会等から来るハイカーが捨てるごみ等です。 本来ならば、めだかが泳ぎ、澄んだ水が流れていなければならないはずです。

 

やはり個人個人が積極的に生活の身近なところから
行動を始めなければならないと思います。

 当社は住宅から発生する総合的な環境汚染の立場にたって、エコロジー商品の紹介をはじめ住宅のエコロジー問題を真剣に考えて行きたいと思っています。

少しの認識と努力で我々の子孫のために、
元気で安心できる地球に戻そうではありませんか。

 エコ・インターナショナル
代表 糸川 茂樹

皆さんがお使いになられて良いと思われるエコロジー商品がございましたら
是非、ご紹介いただきたく存じます。
ご紹介いただける場合は、こちらをクリックしてください。

 

ECO INTERNATIONAL CO.
info@eco-int.com

© 2000 ECO INTERNATIONAL CO. All rights reserved.